Pit教育の特徴

Pit教育の特徴は、
カラダとアタマのintegrated training(統合)プログラム

2歳から6歳までのプレゴールデンエイジの脳は、
苦労せずにさまざまな情報をどんどん取り入れることができる、特別な能力を授かっている時期。
こうした能力を最大限に活かすため、Pitでは英才教育的な取り組みに偏らず、
楽しみながら脳を多面的に使うプログラムを基本としています。

体感、音感、アート、英語、知育 Pit school integrated training

特に聴力と運動能力の発達に最も重要なこの時期に、
「体感」と「音感」を軸に、「語学」「知育」「アート」など、
多様なプログラムを統合したトレーニングによって、
しなやかな未来力の土台づくりに力を注ぎます。

チャレンジできる心とカラダを育む

「チャレンジできる心とカラダを育む」
動ける“食”、脳へ働く“食”、感性に響く“食”にこだわったPitランチを楽しんでいただきます。
さらに、さまざまな園内外でのイベント通して、
好奇心や自己肯定感を育てる各種体験の機会を用意しています。

子どもの最大の能力は模倣すること。
大切なのは、いかに本物の人達と体験することができるか。

プレゴールデンエイジ期の脳発達には
運動・音楽が非常に有用です

プレゴールデンエイジ期の脳発達には、運動、そして音楽は非常に有用であることが脳科学的にも明らかになっています。
PITスクールのプログラムは、それらの知見を取り入れた、有用で興味深い取り組みと考えられます。
PITスクールは“これからの教育”として非常に期待できます。

瀧 靖之

YASUYUKI TAKI

東北大学加齢医学研究所教授/医師/医学博士

脳MRI画像を用いたデータベースを作成し、脳の発達や加齢のメカニズムを明らかにする研究者として活躍。読影や解析をした脳MRIはこれまでに16万人に上る。
著書:「16万人の脳画像を見てきた脳科学者が教える「賢い子」に育てる究極のコツ」など

今、注目されているPre-golden-age(プレゴールデンエイジ)

これまで子どもの運動学習能力は、10歳前後から12歳ごろまでをピークに向上するとされ、この時期はゴールデンエイジと呼ばれてきました。

苦労せずに情報を吸収できる能力が低下するまえに

一方、苦労せずに情報を吸収できる能力は6歳ごろにピークを迎え、これは「6歳の壁」といわれています。そのため2歳から6歳までは、脳や神経系の回路を多様に発達させ、さまざまな運動学習能力を自然に伸ばす重要な基礎づくりの時期として、今、プレゴールデンエイジが大きな注目を集めています。

スキャモンの成長曲線

[6歳の壁]を境に、「苦労せずに情報を取り入れる能力は低下しはじめ、脳の重要な成長もピークを迎える」と言われており、その時までのトレーニングで、その後の可能性が決まるといっても過言ではありません!

Page Top

体験・説明会申込み